前へ
次へ

東洋医学に関するアプローチの部分

東洋医学において病気の原因やその身体の捉え方というのは現代医学とは違う独自の携帯を持っていると言われており、だからこそあまり頼ってはいけないとも言われてしまう部分になるわけですが、それでも東洋医学についていろいろと考えて実行しているという人たちは多いです。
そもそも東洋医学的に病気の原因となるものは三つあるとされています。
それが外から得られる空気とかじゃ気が入り込むことにより病気になるという、外因です。
そして、もう一つは不内外因です。
過度な労働とか暴飲暴食といったような外でも内でもない理由から起きるというものです。
さらには内因というのもあります。
体の内側から起きる感情などから臓腑を傷つけると言われていることです。
こういう原因があるということが分かっているわけですからこの原因に対することをするのが医療ということになります。
東洋医学とはそうしたアプローチをする、ということになります。
これが大きく西洋医学とは違う部分とされています。

Page Top